Gcp Yama Shizen Exterior Day Drone 1 Lr

ニセコセントラルは、ニセコ地区において単独ブランドでは最大規模の宿泊施設管理を運営しております。40棟の戸建て、またコンドミニアム、貸し別荘など全160部屋、900床の宿泊業を運営しています。管理物件総資産価値は10億円にのぼります。 2018年度のニセコセントラルのご宿泊料収益は8.5億円(全貸し出し部屋を換算すると45,000泊)、ゲストサービスの収益は1億7000万円を上回りました。

管理物件は、ディープトラックス、望、ウイスキーウッズ、山自然東棟、西棟、ヨウテイトラックス、みはらし、みゆき、かしロッジ、白樺、ジェイハウス、パウダートラックス、ひらふハウス、ホライズンタウンハウス、半月、森シリーズ、えぞ365、セッカカン、キセツカン、コンクリートシリーズ、ジェーズデン、つる、ひらふウッズを含みます。

Penthouse Yotei View Living Room Web 1

「木ニセコ」は2014年12月にオープン。温泉、レストラン、客室96室を備えた一棟建てのプレミアブティックホテルです。 国内外の多くのお客様に年間を通じたリゾート施設としてお楽しみいただける事をめざし、ニセコ地区の発展に次代のステップを踏み出しました。HTMは木ニセコのホテル開発から、コンサルティング、運営管理も行っております。

2018年度は、ご予約数は19,000泊以上、7億円の収益を達成いたしました。コンシェルジュサービスでは2億円の収益を達成いたしました。また、木ニセコはスノーリゾート界のオスカー賞と呼ばれるワールドスキーアワードにて、日本国内のベストブティックホテル部門にて日本一、また世界のベストスキーブティックホテル部門にてトップ3に入る快挙を成し遂げました。

Go Snow 2019 Group Lessons Lr 1

2014年冬季よりニセコグラン・ヒラフスキリーゾートを運営するニセコ東急リゾート様より国際スキースクールの業務受託を行っております。 ゴンドラスノースポーツ(ブランド名:ゴー スノー)スキースクールはヒラフ地区メインゴンドラ横に位置し、初心者や小さなお子様も安心してレッスンの受講が可能な設備を持つ、唯一のスキースクールです。 世界各国から経験豊富な有資格者であるインストラクター達が集まり、英語でスキーレッスンが展開されています。開設初年度はゼロからの立ち上げで55名のインストラクターが着任し、リゾート滞在の海外のお客様に5,500回のレッスンを展開しました。2018/19冬季は250名のインストラクターに増やし、40,000回以上のレッスンを展開、2019/20 には280名から300名のインストラクターを抱えるスクールへと成長する予定です。

Exp Magazine Image 190523

「エクスペリエンスニセコ」は、ニセコエリアを中心としたヒト・モノ・コトに様々な角度でスポットライトを当て、国内のみならず、世界中にニセコをアピールする、日英対応のバイリンガルデジタルポータルサイト及びマガジンです。定期的に配信するメールマガジンのデータベース数は120,000人を超えております。「エクスペリエンスニセコマガジン」は、年に4冊、冬季は英語の雑誌、夏季は、両日本語・英語でのコンテンツの異なる年間60,000部を超える雑誌がニセコエリア全域、国内主要都市などに配布されます。その高品質な仕上げとこだわりの美しい写真と文章から、毎年好評をいただいております。

Sky Express Winter Lr 7

2017年5月にHTMが運営業務を引き継ぐことになりました2004年創業のスカイバスは、ニセコエリアの送迎及び運送サービスのリーディングカンパニーです。この度「スカイバス」から「スカイエクスプレス」に名称を変更し、ニセコ地域を訪れる外国人観光客に、気軽にご使用いただけるサービスをご提供して参ります。 「スカイエクスプレス」は、北海道で初めて札幌や新千歳空港との往復送迎を含む、地域内で最も歴史ある空港送迎サービスです。お客様に便利なドア・ツー・ドア送迎を提供するため、「スカイエクスプレス」は倶知安市街地及びひらふ地区にて、タクシーサービス(スプリントタクシー)も併せてご提供いたします。

Sprint Taxi Large Lucky Yasuyuki Shimanuki 4

2017年5月に「スカイエクスプレス」のブランドの一環としてHTMによって運営業務が引き継がれた「スプリントタクシー」は、地域内の便利なドア・ツー・ドア送迎を提供しています。「スプリントタクシー」は、4名様の普通車から9名様までご利用頂ける大型タクシー、また車いす対応車両など、目的に応じたタクシーをご用意しております。「スプリントタクシー」専用アプリを使用して簡単にご予約いただけるのも特徴です。

Skye Niseko Exterior Winter Feb 2019 Lr 17

HTMが最も新しく経営管理を委託されたブランド「スカイニセコ」は、リゾート内の最高の立地を誇るスキーインスキーアウトのコンドミニアムホテルです。129室の客室とペントハウスを備え、館内に200席のレストラン、カフェデリ、温泉、ジム、スパ、ショップなどを完備。ニセコ地区のリゾート宿泊施設レベルを更に一段引き上げる存在として注目を浴びています。2018年冬開業し、初年のご予約数は21,000泊を上回り、ご宿泊収益はおよそ10億円を達成しました。

Kumo Interior 12 5 18 Low Res 5566

ひらふ坂の最上部に、2018年12月、初となるスキーイン・スキーアウトレストランとして「雲レストラン」は開業いたしました。海外のお客様が楽しめるよう、和を意識した内装やデコレーションで200人が収容可能です。近海で揚がる穫れたての海鮮など、道産食材を使ったお料理が気軽に楽しめる居酒屋レストランとなっております。韓国、オーストラリア、イギリス、フランスなど多様性に富んだ出身国のスタッフによるアイデアを活かした北海道グルメが自慢です。約35,000名への朝食の提供、約35,000人がランチやディナーに訪れ、初シーズンの売り上げは2億円を上回りました。

Ryko Spa 4 Low Res

「ライコウスパ」は、健やかさを取り戻すための癒しのサンクチュアリとして、ニセコにオープンいたしました。重力から体を開放することができるという大変珍しい環境でのリラクゼーションをご体験いただける「フロートタンクセラピー」を北海道でも初めて導入致しました。マッサージ、レメディアルボディワーク、フェイシャル、ボディケア、スキンケアなど豊富なメニューをご用意しております。初年度は1,600名のお客様にお越しいただきました。

Ski Valet 11 2 18 Low Res 55

2018年冬、HTM創設による「ヤマスポート」は、「スカイニセコ」にご宿泊されるお客様専用のレンタルスキーショップとしてオープンいたしました。皆様のご厚意により、「ヤマスポート」は、インハウスに留まらず、2019/2020冬シーズンよりプレミアムレンタルショップとして事業を拡大いたします。新しく3店舗、ホテル木ニセコ、コンドミニアム山自然、ランドマークビューでの窓口を開始いたします。

In Room Dining Food Works Lr 14

2018年に設立されたHTMの業務用キッチンです。地産物を多く用いた質の高い料理をニセコひらふエリアの厳選されたホテルやレストランに提供しています。